これまでのあらすじ:
2016年3月、フェルト生地を手で裁断している際にレーザーカッターがあれば複雑なカットが容易にできるなあと思って、安価になってきたレーザーカッターを購入しようと思ったのがきっかけ。調べていくうちに、合板も切れたほうがいいと思うようになって、CNCルーター(CNCミリング)についても考えるようになった。
Arduinoは以前から使っており、CNCシールドがあると気付いて自作も可能と思うようになった。当初はShapeOkoやX-CARVEを参考にMakerSlide、OpenRail、V-Wheel、2GTタイミングベルトなどで5万円くらいで自作しようと思っていた。AliExpressでも部品が安く買えることが分かって、しばらくは部品探し。探せば探すほど安くて本格的な部品も見つかってくるので、そんなにケチらなくてもいいのではないかと徐々にスペックアップ。最終的には剛性や精度のことも考えてボールスクリューやリニアスライドを使うことになり、予想以上に重厚な3軸CNCマシンをつくることに(約7万円)。
構想から約5週間(制作約3週間)でルーターとレーザーともに使えるようになり、現在はgrbl1.1+Arduino CNCシールドV3.5+bCNCを使用中(Macで)。余っていたBluetoothモジュールをつけてワイヤレス化。bCNCのPendant機能でスマホやタブレット上のブラウザからもワイヤレス操作可能。
その他、電子工作・プログラミング、最近は機械学習などもやっています。基本、Macを使っていますが、機械学習ではUbuntuを使っています。


CNCマシン全般について:
国内レーザー加工機と中国製レーザー加工機の比較
中国製レーザーダイオードについて
CNCミリングマシンとCNCルーターマシンいろいろ
その他:
利用例や付加機能など:
CNCルーター関係:

*CNCマシンの制作記録は2016/04/10〜の投稿に書いてあります。

2017年10月16日月曜日

モーションセンサー付きLED電球

いつものようにAliExpressを見ていたら、モーションセンサー付きLED電球を見かけたので購入してみました。LED電球は高価なイメージがありましたが、当たり前に普及してきたせいか、モーション付きLED電球でも数百円です。

AliExpress.com Product - YNL LED PIR Motion Sensor Lamp E27 220v Led Bulb 3w 5w 7w 9w 12w White Auto Smart PIR Infrared Body Sound + Motion Sensor Light5Wで309円、7Wで373円、9Wで409円(それぞれ送料無料)。モーションセンサー付きLED電球は画像左のものであり(電球上面にでっばりあり)、画像右のもの(でっぱりなし)はサウンドセンサー付きLED電球です。どうやら2種類あり、サウンドセンサー付きLED電球のほうがより安価で、3Wで169円、5Wで219円、7Wで255円(それぞれ送料無料)。
Amazonでも見てみると、安いもので1000円前後します。日本製のきちんとしたものだと1500円以上という感じでしょうか。


AliExpressの場合、問題はAC100Vに対応しているかどうかです。中国はAC220Vなので購入する際は事前にメールなどで確かめたほうがよさそうです。今回上のリンク先のショップで購入したわけではないのですが、購入したショップのページにはAC110Vが必要であればコメント欄に書いて下さいと、そうでなければ基本AC220Vの電球を送るという感じでした。ということで、サウンドセンサー付きLEDも気になるので、それぞれ一個ずつ(AC110V用希望と明記して)注文してみました。
サウンドセンサー付きLED電球はAC220V対応のみ:数週間後、到着。モーションセンサー付きLED電球はAC85〜265V対応なので大丈夫でしたが、サウンドセンサー付きLED電球のほうがAC220V対応のものでした。間違って送ってきたのかなと思い、さっそくショップへそのことをメールしました。そうすると、「サウンドセンサー付きLED電球はAC220Vのしかない」という返事がきました。どうやら、製品の仕様が違うらしく、サウンドセンサー付きLED電球はAC220Vのしか製造していないらしい。「AC110V希望と書いたのに、ないのなら発送前にメールできたんじゃ?それならサウンドセンサーのかわりにモーションセンサーのほうでいいから、代替品として送ってくれないか?」と、やや無理な注文をしてみました。そうすると、「わかった」という返事が来て、やっぱり言って見るものだなと思っていると、次の日「代替品を送るにも$2くらいかかるから、他に購入した商品といっしょに送るならいいけど、何か購入するものない?」と返事が来ました。
再度購入+代替品同封:サウンドセンサー付きLED電球は使えなかったため、たしかにもう一つモーションセンサー付きLED電球は必要かもしれないので(設置したい場所が2箇所ある)、「じゃ、もう一個モーションセンサー付きLED電球を注文するから、そのついでに代替品の一個も送ってくれないか?」と聞いてみたら、「それはいいアイデアだ」ということでそうすることにしました。また待つこと数週間、無事届きました。結果、モーションセンサー付きLED電球(5W)一つの注文で、代替品であるモーションセンサー付きLED電球(7W)も送られてきました。なぜか代替品のほうがW数が高い、しかも元々サウンドセンサー付きLED電球のほうが安いというのに。あいかわらず、300円程度の商品(送料無料あるいか送料込み)を購入して、一体いくら儲かっているのか疑問。たぶん、送料だけでも$2はかかるのに。以前、$0.19の部品(送料無料)を注文して、無事送られてきたこともあり、たった20円程度で中国から日本へ郵送できるという仕組みは一体どうなっているんでしょうか?
実際使ってみての感想:モーションセンサー付きLED電球はトイレ用の電球として使っています。ドアをあけただけで勝手につくのでかなり便利です。照度センサーも内蔵しているため、昼間は人が近づいても反応しません。つまり、暗い状態で人が近づくとスイッチオンになる仕組みのようです。スイッチオンになっても、動かないでいると1分前後で消えてしまうことがあります。そのときは手を挙げて動かすなどしたほうがいいかもしれません。以前、ESP8266で音声認識を使ってトイレの電源をオン/オフさせていましたが、やはりトイレに限っては突然行くことが多いので、いちいち音声認識させたり、スマホでスイッチ入れたりするのは面倒です。ということで、Iotならなんでも便利というわけでなく、場所によってはこのモーションセンサー付きLED電球のほうが単純で便利だと思います。
内部の画像:気になったので中を見てみました。
値段相応の安っぽいつくりなので、半球状のデヒューザーをかぽっと外すとすぐに中身がでてきます。右側に見えるモーションセンサー(焦電型人感センサー)の根元に光センサ(Cdsセル)がついています。やはり、明るさも計測しているようです。ちなみに、真ん中の垂直に見える基板にLEDが複数ついています。そして、左側に見える緑色の基板がAC-DC変換降圧回路だと思います。左側に見えている白い導線はそのままスクリュー型の電源端子へ直結しています。この回路はAC85〜265Vと幅広い入力を受け付けるようで、仮にAC220V用のLED電球であれば、この部分を取り替えてしまえば大丈夫そうです。AliExpressでさらに探すと以下のようなまさにLED照明用の降圧変換回路が売っています。LEDなのできっとDC12V程度だとは思うのですが。
AliExpress.com Product - Sumbulbs DC 7-17V 3W 4W 5W 300mA Constant Current Power Supply AC Convertr LED Driver 110V 220V Input for LED Strip Lights171円(送料無料)この回路に取り替えれば、AC220V仕様のサウンドセンサー付きLED電球も使えるかもしれないと思って、中を開けてみると、
こんな感じで、右側のLED基板とその中央にはCdsセルがついており、その裏側にはコンデンサーマイクが降圧変換回路と一体化してついていました。たしかにこの状態だと、降圧変換回路だけ取り替えるわけにはいかないようです。サウンドセンサー付きLED電球がAC220Vだけというのは、この理由からなのかもしれません。ということで、サウンドセンサーの感度を確かめたかったのですが、これを改造するのは面倒なので今回はここまで。

0 件のコメント:

コメントを投稿

人気の投稿