これまでのあらすじ:
2016年3月、フェルト生地を手で裁断している際にレーザーカッターがあれば複雑なカットが容易にできるなあと思って、安価になってきたレーザーカッターを購入しようと思ったのがきっかけ。調べていくうちに、合板も切れたほうがいいと思うようになって、CNCルーター(CNCミリング)についても考えるようになった。
Arduinoは以前から使っており、CNCシールドがあると気付いて自作も可能と思うようになった。当初はShapeOkoやX-CARVEを参考にMakerSlide、OpenRail、V-Wheel、2GTタイミングベルトなどで5万円くらいで自作しようと思っていた。AliExpressでも部品が安く買えることが分かって、しばらくは部品探し。探せば探すほど安くて本格的な部品も見つかってくるので、そんなにケチらなくてもいいのではないかと徐々にスペックアップ。最終的には剛性や精度のことも考えてボールスクリューやリニアスライドを使うことになり、予想以上に重厚な3軸CNCマシンをつくることに(約7万円)。
構想から約5週間(制作約3週間)でルーターとレーザーともに使えるようになり、現在はgrbl1.1+Arduino CNCシールドV3.5+bCNCを使用中(Macで)。余っていたBluetoothモジュールをつけてワイヤレス化。bCNCのPendant機能でスマホやタブレット上のブラウザからもワイヤレス操作可能。


CNCマシン全般について:
国内レーザー加工機と中国製レーザー加工機の比較
中国製レーザーダイオードについて
CNCミリングマシンとCNCルーターマシンいろいろ
その他:
利用例や付加機能など:
CNCルーター関係:

*CNCマシンの制作記録は2016/04/10〜の投稿に書いてあります。

2016年10月27日木曜日

12W(12000mw)中国製レーザーダイオードモジュール

いままでダイオードレーザーでは10Wが最高だと思っていましたが、12Wというさらに強力なダイオードレーザーモジュールもありました。以前は10Wでも5万円くらいしましたが、12Wでも3万円くらいになりました。ずいぶん安くなりましたね。
追記:さらに15Wレーザーモジュールも登場(こちらへ

AliExpress.com Product - DIY Focusable 445nm 12W,12000mW Blue Laser Module,High-power For CNC Cutter Engraver Engraving Machine Adjust Freeshiping by DHL30,381円(送料込み)

AliExpress.com Product - 12000mW Blue Laser Module,12W DIY Focusable 445nm,High-power For CNC Cutter Engraver Engraving Machine Adjust shiping by DHL30,802円(送料込み)

AliExpress.com Product - Freeshipping ! 12W 12000mW High-power laser engraving Laser module Blue Light 450nm laser head28,420円(送料込み)

AliExpressで、ざっと探すとこんな感じです。大体3万円くらいで売っています。写真を見る限りどれも同じ製品のようなので、28,420円のが一番安そうです。
ただし、「焦点固定」となっているらしく、このレーザーモジュール自体の焦点の微調整ができないようです。おそらくもうすでに焦点設定されているのかもしれませんが、最終的にはCNCマシンのほうで焦点設定(レーザーモジュール本体と素材との距離設定)する感じになるかと思います。
上から2番目の30,802円のレーザーモジュールは焦点調整可能のようです。

ちなみに5500mw(現在使用中:焦点調整可能)のレーザーモジュールはこちら。
AliExpress.com Product - 5500mW Blue-violet Laser Module Parts with Holder Heat sink for Mini Laser Engraving Machine High-power wave length 450nm focus15,211円(送料込み)。
12Wは、約2倍の値段で出力も2倍という感じです。

出力2倍だからといって、単純に2倍の厚みの素材まで切れるという感じではないと思います。要はレーザー光の焦点深度(焦点が合う範囲)が2mm前後なので、1パスで2mmくらい切断したほうがきれいに切れると思います。出力2倍であればスピードは2倍になるかもしれませんが、レーザーだとどうしても焦げたりするので、厚い素材(2mm以上)をきれいに切断するなら、数回のパスで切断したほうがいいと思います。
しかし、12Wもあればかなり迅速に切断加工できそうです。そろそろ買い替えようかな。

4 件のコメント:

  1. レーザーも気にはなってるんですけどなんか怖いイメージが...設定間違えると燃えたり溶けたりするんですか?CNCみたいに物理的に刃が回転しているヤツは本能的に危険な場所がわかるんですけど。

    返信削除
    返信
    1. 特に目には良くないので防護ゴーグル必須ですね。この手のブルーレーザーだと波長が紫外線に近いのか、1時間も作業していると顔が何となく日焼けしたような感触があります。気のせいかもしれませんが。なので、切断中は長時間あまり直視しないようにしてます。
      あと、塩化ビニル系の材料(塩ビ板とか)はダイオキシンや塩素系の臭気が出るようなので機械にもよくないらしく切断しないほうがいいようです。
      台座も木だと焦げてしまいますが、10mmほど浮かせておけば焦点が合わないので、あまり焦げたりもしません。燃えやすい素材(たぶん樹脂系?)もあるかもしれませんが、煙が少しでるくらいですぐに炎がでるというほどではないです、いまのところ。

      削除
  2. 金属はダメらしいですけどガラス系は切れるんですか?

    返信削除
    返信
    1. 試したことはないですが、ガラス切断もほぼ無理だと思います。表面に刻印するようなことはできるようですが、この手のダイオードレーザーだとたぶん出力が弱いので、それも難しいかと。ガラスによっては熱で膨張して割れてしまうようです。

      削除

人気の投稿