これまでのあらすじ:
2016年3月、フェルト生地を手で裁断している際にレーザーカッターがあれば複雑なカットが容易にできるなあと思って、安価になってきたレーザーカッターを購入しようと思ったのがきっかけ。調べていくうちに、合板も切れたほうがいいと思うようになって、CNCルーター(CNCミリング)についても考えるようになった。
Arduinoは以前から使っており、CNCシールドがあると気付いて自作も可能と思うようになった。当初はShapeOkoやX-CARVEを参考にMakerSlide、OpenRail、V-Wheel、2GTタイミングベルトなどで5万円くらいで自作しようと思っていた。AliExpressでも部品が安く買えることが分かって、しばらくは部品探し。探せば探すほど安くて本格的な部品も見つかってくるので、そんなにケチらなくてもいいのではないかと徐々にスペックアップ。最終的には剛性や精度のことも考えてボールスクリューやリニアスライドを使うことになり、予想以上に重厚な3軸CNCマシンをつくることに(約7万円)。
構想から約5週間(制作約3週間)でルーターとレーザーともに使えるようになり、現在はgrbl1.1+Arduino CNCシールドV3.5+bCNCを使用中(Macで)。余っていたBluetoothモジュールをつけてワイヤレス化。bCNCのPendant機能でスマホやタブレット上のブラウザからもワイヤレス操作可能。
その他、電子工作・プログラミング、最近は機械学習などもやっています。基本、Macを使っていますが、機械学習ではUbuntuを使っています。


CNCマシン全般について:
国内レーザー加工機と中国製レーザー加工機の比較
中国製レーザーダイオードについて
CNCミリングマシンとCNCルーターマシンいろいろ
その他:
利用例や付加機能など:
CNCルーター関係:

*CNCマシンの制作記録は2016/04/10〜の投稿に書いてあります。

2018年6月10日日曜日

Ubuntu 18.04:Anaconda仮想環境「conda activate py36」に変更

これまでは、Anacondaの仮想環境を切り替えるには、

source activate py36

をターミナルで入力していましたが、いつのまにか(conda4.4から)

conda activate py36

に変わっていたらしく、設定を変えてみました。



pyenvも導入しているため「activate」がそもそも重複しており問題がありました。おそらくこれで問題解消できるのかもしれません。変更方法については、conda Change logに説明があります。

これまでは「.bashrc」に、

export PYENV_ROOT="$HOME/.pyenv"
export PATH="$PYENV_ROOT/bin:$PATH"
eval "$(pyenv init -)"

export PATH="$PYENV_ROOT/versions/anaconda3-5.1.0/bin/:$PATH"

を記入していました。1〜3行目はpyenv用、4行目がAnaconda用。
それを以下のように変更(4行目だけ)。

export PYENV_ROOT="$HOME/.pyenv"
export PATH="$PYENV_ROOT/bin:$PATH"
eval "$(pyenv init -)"
. $PYENV_ROOT/versions/anaconda3-5.1.0/etc/profile.d/conda.sh

これで次回から、

conda activate py36

を入力して仮想環境を切り替えることになります。


ランチャー用のスクリプトの場合:
ランチャー(.desktopファイル)を使って「py36」仮想環境に入った状態でターミナルを起動させるには、

#!/bin/bash
eval '$BASH_POST_RC'
BASH_POST_RC='conda activate py36' gnome-terminal

このスクリプトを「py36.sh」などと保存して、

chmod +x py36.sh

で実行権限を与えておきます。
そして「.bashrc」のほうに

eval '$BASH_POST_RC'

を書いておいて、ターミナルが起動する前に「conda activate py36」が実行されるようにしておきます。
そしてランチャーのコマンドにこのスクリプトを実行させるため、

Exec=/home/mirrornerror/myScript/py36.sh

などと「py36.sh」までのパスも含めて記入しておきます。
あとはランチャーをダブルクリックすれば起動するはずです。


Macの場合:
MacのほうでもpyenvとAnacondaを導入しているので同じようにやってみましたが、Macの場合は「.bashrc」ではなく「.bash_profile」のほうに書くと問題なく起動しました。

export PYENV_ROOT="$HOME/.pyenv"
export PATH="$PYENV_ROOT/bin:$PATH"
eval "$(pyenv init -)"
. $PYENV_ROOT/versions/anaconda3-5.1.0/etc/profile.d/conda.sh

ちなみに、MacでのbCNC(Gコード送信アプリ)を開くためのランチャー用スクリプトは、

#!/bin/bash
. ~/.pyenv/versions/anaconda3-5.1.0/etc/profile.d/conda.sh
conda activate py27
python bCNC.py

にしています。


0 件のコメント:

コメントを投稿

人気の投稿