これまでのあらすじ:
2016年3月、フェルト生地を手で裁断している際にレーザーカッターがあれば複雑なカットが容易にできるなあと思って、安価になってきたレーザーカッターを購入しようと思ったのがきっかけ。調べていくうちに、合板も切れたほうがいいと思うようになって、CNCルーター(CNCミリング)についても考えるようになった。
Arduinoは以前から使っており、CNCシールドがあると気付いて自作も可能と思うようになった。当初はShapeOkoやX-CARVEを参考にMakerSlide、OpenRail、V-Wheel、2GTタイミングベルトなどで5万円くらいで自作しようと思っていた。AliExpressでも部品が安く買えることが分かって、しばらくは部品探し。探せば探すほど安くて本格的な部品も見つかってくるので、そんなにケチらなくてもいいのではないかと徐々にスペックアップ。最終的には剛性や精度のことも考えてボールスクリューやリニアスライドを使うことになり、予想以上に重厚な3軸CNCマシンをつくることに(約7万円)。
構想から約5週間(制作約3週間)でルーターとレーザーともに使えるようになり、現在はgrbl1.1+Arduino CNCシールドV3.5+bCNCを使用中(Macで)。余っていたBluetoothモジュールをつけてワイヤレス化。bCNCのPendant機能でスマホやタブレット上のブラウザからもワイヤレス操作可能。


CNCマシン全般について:
国内レーザー加工機と中国製レーザー加工機の比較
中国製レーザーダイオードについて
CNCミリングマシンとCNCルーターマシンいろいろ
その他:
利用例や付加機能など:
CNCルーター関係:

*CNCマシンの制作記録は2016/04/10〜の投稿に書いてあります。

2017年1月12日木曜日

Grbl1.1について(2017年版)

このブログでは、3軸CNCマシンにArduino+Grbl+CNCシールドを使っています。理由は、Macでも可能であること、そしておそらく最も安価で手っ取り早く自作できるということ。Arduino+Grbl以外にも、Smoothieboard、TinyG、LinuxCNC、Mach3などあります。これらは、もっと本格的な制御も可能(4軸制御など)ですがやや高価であり、板状の材料を2D加工する程度ならArduino+Grbl(3軸制御)で充分という感じです。

Grblについては、2016年12月にGrbl1.1に本格的にバージョンアップし、まだ3軸制御ではあるのですが、より本格的な仕様に近づいたという感じです。さらには、レーザー機能も充実してきたので、それに伴いGrbl0.9jからGrbl1.1に切り替えました。これまでは、Grbl0.9jでの内容を書いてきましたが、2017年になってやや情報も古くなってきたこともあり(情報もブログ上に散在していることもあり)、再度まとめ直していきたいと思います。

以下は、Grbl1.1に合わせて情報を編集し直したリストです(一部編集中)。

Arduino+Grbl1.1:まとめ(2017年版)
最新版Grbl1.1のバージョンアップ内容について
Grbl1.1のインストール方法
電気/制御系統の設定/動作確認について
Grbl1.1の$コマンドやGコードについて

Grbl1.1レーザーモードについて
Grbl1.1レーザーモードの実験(設定など)
レーザー用ゴム板でスタンプ制作(Grbl1.1+Laserweb3使用)

*Grbl0.9とGrbl1.1のピン配置は同じなので、CNCシールド等の接続に関してはGrbl0.9と同じです(2016年の記事を参考にしても大丈夫だと思います)。
*Grbl0.8はGrbl0.9や1.1とは大きく内容が異なるので、いまさら使わないほうがいいと思います。いくつかのG Code Senderは、もうすでにGrbl1.1に対応しているので、2017年以降であれば、無理にGrbl0.8や0.9を使わずに、素直にGrbl1.1に移行したほうがよさそうです。

また、他の情報や仕様変更、バージョンアップなどについての情報があれば、コメント欄に書いて頂けると助かります。よろしくお願い致します。

現状としては:
Arduino+Grbl1.1+CNCシールド+DRV8825
Inkscape(2D図面描画)
Jscut(ルーター用オフカット設定:Gコード生成)
Laser Tool Plug-in(レーザー用Gコード生成)
Laserweb3(レーザー用Gコード生成、Gコード送信)
bCNC(Gコード送信)
という感じです。
*部品や材料調達は、ほぼAliExpress(もはやAmazonはあまり使わない)。
*CNCシールドに関しては、最新版V3.51(以下)がオススメです。Amazonなどで中国製の格安CNCシールドが購入可能ですが、V3.0(旧型)なので一部配線を入れ替える必要があります。簡単な作業なので安価なV3.0でも問題ないのですが、トラブルを避けるならば最新版V3.51のほうがいいかもしれません。
AliExpress.com Product - New Development Board CNC Shield V3.51 for Arduino 3D Printer Micro Controllers GRBL v0.9 Compatible Uses Pololu Drivers最新版CNCシールドV3.51(2,084円:送料込み)

0 件のコメント:

コメントを投稿

人気の投稿