これまでのあらすじ:
2016年3月、フェルト生地を手で裁断している際にレーザーカッターがあれば複雑なカットが容易にできるなあと思って、安価になってきたレーザーカッターを購入しようと思ったのがきっかけ。調べていくうちに、合板も切れたほうがいいと思うようになって、CNCルーター(CNCミリング)についても考えるようになった。
Arduinoは以前から使っており、CNCシールドがあると気付いて自作も可能と思うようになった。当初はShapeOkoやX-CARVEを参考にMakerSlide、OpenRail、V-Wheel、2GTタイミングベルトなどで5万円くらいで自作しようと思っていた。AliExpressでも部品が安く買えることが分かって、しばらくは部品探し。探せば探すほど安くて本格的な部品も見つかってくるので、そんなにケチらなくてもいいのではないかと徐々にスペックアップ。最終的には剛性や精度のことも考えてボールスクリューやリニアスライドを使うことになり、予想以上に重厚な3軸CNCマシンをつくることに(約7万円)。
構想から約5週間(制作約3週間)でルーターとレーザーともに使えるようになり、現在はgrbl1.1+Arduino CNCシールドV3.5+bCNCを使用中(Macで)。余っていたBluetoothモジュールをつけてワイヤレス化。bCNCのPendant機能でスマホやタブレット上のブラウザからもワイヤレス操作可能。



CNCマシン全般について:
国内レーザー加工機と中国製レーザー加工機の比較
中国製レーザーダイオードについて
CNCミリングマシンとCNCルーターマシンいろいろ
その他:
*CNCマシンの制作記録は2016/04/10〜の投稿に書いてあります。

利用例や付加機能など:
CNCルーター関係:

2017年4月13日木曜日

AliExpressのトラブル(Open Dispute)

いつも使っているAliExpressですが、今回初めてOpen Disputeをしてみました。Open Disputeというのは、辞書では「紛争」とでてきますが、いわゆるクレームのようなものです。
AliExpressでオーダー履歴を見てみると、今までで約100回ほど買い物をしています。といっても、一回の注文が数百円程度の品物が多いので合計しても大した金額にはなりません。安いものだと60円(送料無料)というものもあり、日本で言えばハガキを送る料金でちょっとした電子パーツなどが手に入るというのは、いまだに不思議です。

まずは注文:
今回始めてクレームをつけることになったのは、注文した品物が期限をすぎても届かなかったということからです。以下に内容を書いておきます。


2017/01/30に上の商品を注文しました。当時はレートの関係で310円、配送方法:普通郵便小包。いままでの経験だと、届くまでには2〜3週間かかるので気長に待ちます。

異常発覚:
その後そろそろ届くかなと、配送状況をチェックしてみると、以下のような表示。
なぜかキャンセル扱いになっています。こんなのは初めてです。もともとChina Post Ordinary Small Packet Plus(普通郵便小包)という一番安い配送方法なので、時間がかかったり、原則的にトラッキング不可です。届いたとしても、受け取り確認なしにポストに投函されるだけという、一番雑な扱いです。
ちなみにもう少しましな配送方法だと、Air MailやRegistered Mail(書き留め扱い)というのがあり、いちおう日本からもトラッキング可能です。受け取る際にもサイン(ハンコ)が必要です。

問い合わせメール:
キャンセルされていたので、早速ショップに「キャンセルしてないのに、なんで、こんなことになってんの?」というような内容のメールを送ってみました。
24時間以内に何らかの返答があるというのが通例です。しかし、いつまでたっても返事がきません。この段階で注文から23日たっています。同時期に頼んだ他の品物は続々と届いています。
まあ、310円だし、しばらく放っておくことに。

通常は注文した際に期限が設定されます。今回の場合は約2ヶ月。その2ヶ月をすぎても届かなければクレーム(Open Dispute)できるということです。逆に言えば、すぐに手に入れたいものであっても、最低2ヶ月待たないとクレームすらつけられないということで、かなり気長に構えていなければいけません。

Open Dispute:
 そしてついに期限を向かえてしまいました。オーダー履歴をチェックすると、この取引自体期限切れになっていて、受け取り待ちリストから外されていました。オーダー全体履歴のほうから、この取引を探し出して、「Open Dispute」ボタンを押します(まだ期限以内なら、このボタンを押しても無効となるようです)。そうするとOpen Disputeの画面を移行します。

まず、Disputeする選択方法があります。なぜキャンセル扱いになったのか理由はわからないので、「Package sent to a wrong address(違うところへ配送)」というのにしました(適当)。
そして、どうしたいかという希望欄があり、今回の場合は、品物を受け取っていないので、「返金(Refund)」ということになり、金額記入欄もあり、310円。

そして、文章による内容記入欄もあります。そこに、以前のメールと似たような内容のことを書いておきました。

「品物をまだ受け取っていない。以下のようなキャンセルのトラッキングになっている。なぜそうなったのかは知らないし、22日にショップに聞いてみたけど返答なし。」というような内容です。
Evidence(証拠)欄もありますが、今回の場合は特になし。もし不良品や配送途中における破損の場合は写真など送ることになると思います。

手続き終了(返金確定):
そしてOpen Dispute後、約3日で以下のようにショップが返金要求を受け入れて無事終了。


My AliExpress>Open Dispute>Dispute Detailに、「Dispute Finished、310円返金」という結果が出ています。
しかし、返金というけど、どうやって返金されるのか?と疑問に思って調べてみると、サイトの一番下のほうにHelpがあり、Return&Refundsを開くと書いてありました。

買い物の流れ:
・品物を注文する(クレジットカード支払い)
・クレジットカード支払い成立(AliExpressへ、ただしショップへはまだ支払われない)
・数週間後、品物が届いて受け取り確認をクリック
・AliExpressからショップへ品物代が支払われる
・取引終了

一旦AliExpressが支払い金額を預かって、その後、手数料など差し引いてショップに支払われるシステムになっているのだと思います(この時間差の分だけAliExpressに集められたお金で資産運用しているのかもしれません)。

ということから、Disputeすると:
・期限までに買い手からの品物受け取り確認がないので、AliExpressはショップに支払わない
・ショップもAliExpressからの支払いがないことを認める
・AliExpressが買い手へクレジットカード会社を通して返金する。
・クレジットカード会社がその返金を買い手の銀行口座へ送金する
という感じでしょうか。

今回はたった310円なので大したこともないのですが、たしかに数万円もする品物の場合だと、きちんと返金されるまでは不安かもしれません。
おそらく、AliExpressの多くのショップはドロップシッピング(無在庫転売)を行っているので、たまに手続き的なミスが発生してしまうのでしょう。しかし、ここまで成長したAliExpressなので、システム自体はけっこうしっかりしていると思います。手続きさえすれば特に問題ないと思います。ただし、手間暇や時間はかかると思います。
今回の場合は、注文してから2ヶ月、Disputeしてから3日で手続きは終了しましたが、さらに銀行へ返金されるまで数週間というところでしょうか。

この売買システムというよりは、品物が粗悪品であったり、スペックが表示内容と微妙に異なるということはいまだによくあります。注文するときは他のショップなどの表示内容と比較しつつ最終的な注文を確定したほうがいいと思います。

4 件のコメント:

  1. ご無沙汰してます。私の場合「商品間違い」だったので到着後Disputeしました。結果的には間違った商品だけ送ってきましたが..不思議なことが数点
    1)後日他の注文をするときに同梱依頼したのに無視?された。やりとりはうまくいってたはずなのに..
    2)送り先の住所を確認してくる。(他の商品送ってるんだから同じところに送れば良いじゃないか?)
    3)間違って届いた商品をどうするのかの指示がない(値段的に送料の方が高そうだけど)
    複数の商品を購入して1個口で届いたから出荷場所は同じはずなので次回注文で同梱も可能なはずだしその方が無駄な送料がかからないと思うのですが...いまいち仕組みがわからないです。
    私も結構頻繁にaliExpressを利用するようになりましたが、覚悟してたほど問題はなさそうですね。さすがに高価な精密機器はまだ手は出ませんが..

    返信削除
    返信
    1. お久しぶりです。
      AliExpress内のショップ自体は怪しいところも多いけれども、間にAliExpressが入っているために、トラブルがあれば保証してくれるので一応は安心ですね。Amazonでも中国からのショップはたくさんあるので、似たようなものかもしれません。
      現場はどうなっているのかWebからはわからないですが、学生などが副業としてドロップシッピングをしている可能性も考えられますね。そうなると、きちんとしたショップの対応に比べると、いい加減だったりしそうです。ショップ自体の評価も気にしながら注文したほうがいいとは思いますが、まあ運まかせという感じです。

      削除
  2. いくら少額であろうが日本人が泣き寝入りしたという前例を作らないようにしなければならない。
    一度泣き寝入りしたら最後また同じことを繰り返しますよ。中華の某基板屋がそんな感じ。

    返信削除
    返信
    1. 対応がいいショップとそうでないショップがいろいろありますね。AliExpressの場合、メールやチャット機能があるので交渉可能なところはいいと思います。メールの場合、無視されたりいい加減な返答がくる場合がありますが、チャットだと結構こっちの言うこときいてくれますね。チャットに出るというだけ、サービス精神があるということなのかもしれません。交渉能力だとは思いますが、相手の気分を害しないようにその気にさせると、最後は多少無理な注文でも受け入れてくれると思います。

      削除