これまでのあらすじ:
2016年3月、フェルト生地を手で裁断している際にレーザーカッターがあれば複雑なカットが容易にできるなあと思って、安価になってきたレーザーカッターを購入しようと思ったのがきっかけ。調べていくうちに、合板も切れたほうがいいと思うようになって、CNCルーター(CNCミリング)についても考えるようになった。
Arduinoは以前から使っており、CNCシールドがあると気付いて自作も可能と思うようになった。当初はShapeOkoやX-CARVEを参考にMakerSlide、OpenRail、V-Wheel、2GTタイミングベルトなどで5万円くらいで自作しようと思っていた。AliExpressでも部品が安く買えることが分かって、しばらくは部品探し。探せば探すほど安くて本格的な部品も見つかってくるので、そんなにケチらなくてもいいのではないかと徐々にスペックアップ。最終的には剛性や精度のことも考えてボールスクリューやリニアスライドを使うことになり、予想以上に重厚な3軸CNCマシンをつくることに(約7万円)。
構想から約5週間(制作約3週間)でルーターとレーザーともに使えるようになり、現在はgrbl1.1+Arduino CNCシールドV3.5+bCNCを使用中(Macで)。余っていたBluetoothモジュールをつけてワイヤレス化。bCNCのPendant機能でスマホやタブレット上のブラウザからもワイヤレス操作可能。
その他、電子工作・プログラミング、最近は機械学習などもやっています。基本、Macを使っていますが、機械学習ではUbuntuを使っています。


CNCマシン全般について:
国内レーザー加工機と中国製レーザー加工機の比較
中国製レーザーダイオードについて
CNCミリングマシンとCNCルーターマシンいろいろ
その他:
利用例や付加機能など:
CNCルーター関係:

*CNCマシンの制作記録は2016/04/10〜の投稿に書いてあります。

2017年11月10日金曜日

Google AIY Voice Kit(Pimoroni)到着

一ヶ月ほど前にPimoroniに注文していたGoogle AIY Voice Kitが到着(26.33ポンド/約4000円:送料込み)。いわゆる音声認識キットで、元々は雑誌MagPi(57号/2017年5月)の付録です。当初はあっという間に売り切れてしまい、その後Ebayなどでも1万円くらいの高値がついていました。以前、ESP8266とWeb Speech APIで音声認識スイッチをつくっていたときも入手困難となっており諦めていましたが、ちょっと前に再販したようで一ヶ月ほど待たなければいけない予約販売でしたがついつい買ってしまいました。
現在Pimoroniではもうすでに売り切れのようですが、日本のKSYでは11月末以降に入荷されるようです(3000円/税抜き)。

中身はこんな感じ。75ページもあるカラー小冊子マニュアル。Web上ではAIYのサイトであるここにマニュアルがあります。
1時間もあれば一通り試すことができそうですが、個人的には音声認識に対する興味はやや失せてしまっており、まだやる気が起こりません。あと、Googleを使わなければいけないというのも、やや面倒。

この丁寧に説明されているマニュアル(冊子)を見ると面白そうですが、最近ではGoogle Home mini(6480円)、Amazon Echo Dot(5980円)、Anker Eufy(4980円)という小型で安価なスマートスピーカーも登場してきたので、このAIY Voice Kitを買うまでもないかも。たしかに微妙なところ。しかし、いろいろ試したりするにはいいのかもしれません。製品よりはHackしやすいはず。

AIY Voice Kitの紹介動画。

基本的にはGoogle Cloudのアカウントをつくり、Google Assistant SDKを通して、ラズパイに書いたPythonスクリプトで動かすようです。以下のサイトにはサンプルなどがあるので、Pythonで任意のプログラムを書き換えればいろいろ応用はできそうです。
Googleにとっては、Google Cloudを使ってもらう切っ掛け(宣伝)としてはいいのかもしれません。
そのうち気が向いたら組み立ててみようと思います。

0 件のコメント:

コメントを投稿

人気の投稿