これまでのあらすじ:
2016年3月、フェルト生地を手で裁断している際にレーザーカッターがあれば複雑なカットが容易にできるなあと思って、安価になってきたレーザーカッターを購入しようと思ったのがきっかけ。調べていくうちに、合板も切れたほうがいいと思うようになって、CNCルーター(CNCミリング)についても考えるようになった。
Arduinoは以前から使っており、CNCシールドがあると気付いて自作も可能と思うようになった。当初はShapeOkoやX-CARVEを参考にMakerSlide、OpenRail、V-Wheel、2GTタイミングベルトなどで5万円くらいで自作しようと思っていた。AliExpressでも部品が安く買えることが分かって、しばらくは部品探し。探せば探すほど安くて本格的な部品も見つかってくるので、そんなにケチらなくてもいいのではないかと徐々にスペックアップ。最終的には剛性や精度のことも考えてボールスクリューやリニアスライドを使うことになり、予想以上に重厚な3軸CNCマシンをつくることに(約7万円)。
構想から約5週間(制作約3週間)でルーターとレーザーともに使えるようになり、現在はgrbl1.1+Arduino CNCシールドV3.5+bCNCを使用中(Macで)。余っていたBluetoothモジュールをつけてワイヤレス化。bCNCのPendant機能でスマホやタブレット上のブラウザからもワイヤレス操作可能。
その他、電子工作・プログラミング、最近は機械学習などもやっています。基本、Macを使っていますが、機械学習ではUbuntuを使っています。


CNCマシン全般について:
国内レーザー加工機と中国製レーザー加工機の比較
中国製レーザーダイオードについて
CNCミリングマシンとCNCルーターマシンいろいろ
その他:
利用例や付加機能など:
CNCルーター関係:

*CNCマシンの制作記録は2016/04/10〜の投稿に書いてあります。

2017年11月27日月曜日

Windows10/Ubuntu16.10:パーティション割当変更

エディタなどの作業環境はほぼ落ち着いたのですが、そうやってサンプルなど試しているとやはりハードディスクの容量が気になってきます。デュアルブートにしたため、データセットを取り込んでしまうと、けっこうすぐにいっぱいになってしまいそうです。
ゲーミングノートパソコンには、256GB(PCIE)+256GB(SATA)が搭載されており、256GB(PCIE)のほうがWindows10とUbuntu(Linux)で半々くらいに分けられています。256GB(SATA)のほうはデータ保存用として丸々使うことができますが、より高速な256GB(PCIE)のほうはUbuntu用に対して120GB程度しか割り当てられません。
Windows10はほぼ使うことはないのでもっとUbuntuに割当量を増やしたいのですが、Windows10の「ディスクを管理」でパーティションをつくると、なぜか全体の50%くらい(125GB相当)をWindows10に取られてしまう(ただ、このMSiのゲーミングノートの場合、後からでもHDなど交換可能らしい、例えば512GBなどに)。

そこでEaseUS Partition Masterというフリーソフトを見つけて使ってみると、Windows10ではそれ以上限界だと言われたにもかかわらず減らすことができました。以下は結果。
左の73.24GiBがWindows10です。元々125GBから50GBくらい減らしました。一番大きい147.93GiBがUbuntu、その右側がUbuntuのスワップメモリ領域で15.89GiB。全体の2/3くらいはUbuntuに割り当てることができたので前回よりはゆとりができました。
以下は変更の流れ。


最初は真ん中あたりで左がWindows10、右がUbuntuという感じで分かれていました。Windows10を縮めてUbuntuが左側に拡張すればいいかなと思いましたが、パーティションは右側には増やせるけど、左側には増やせませんでした。真ん中の50GBをUbuntuに割り当てることはできるのですが、そうすると不連続になってしまうので、どうしようかと。

また初期化してすべてをインストールするというのは大変そうなので、そのまま移植できないのかとネットで調べてみると、あることはあるのですが大変そう。そのまま最初からインストールし直したほうが早いかもしれないということで、前回苦労してインストールしたけれども(そのおかげでほぼやり方は習得できたので)思い切って初期化してしまいました。

右半分のUbuntuは初期化してしまい、その後統合し、新たにインストールという手順です。再度インストールとは言ってもまだあまりソフトは入っていないので、実際はそれほど大変ではありませんでした。前回苦労したNVIDIAドライバやCUDAもすんなり入りました。

せっかくインストールし直すということになったので、試しにUbuntu17.10をインストールしてみました。前回そこそこ動いていたので大丈夫かなと思いましたが、終了ボタンを押すとフリーズしたり、完全にオフになるまで5分かかったりと、まだ少し不安定でストレスもたまるので、このゲーミングノートパソコンと相性のいいUbuntu16.10に戻しました。次期Ubuntu18.04がリリースされるのを期待するしかありません。
最終的には、Windows10をもう一つのハードディスク(256GB:SATA)にまるごと移動したいのですが、危険なのでまだ保留中。

0 件のコメント:

コメントを投稿

人気の投稿