これまでのあらすじ:
2016年3月、フェルト生地を手で裁断している際にレーザーカッターがあれば複雑なカットが容易にできるなあと思って、安価になってきたレーザーカッターを購入しようと思ったのがきっかけ。調べていくうちに、合板も切れたほうがいいと思うようになって、CNCルーター(CNCミリング)についても考えるようになった。
Arduinoは以前から使っており、CNCシールドがあると気付いて自作も可能と思うようになった。当初はShapeOkoやX-CARVEを参考にMakerSlide、OpenRail、V-Wheel、2GTタイミングベルトなどで5万円くらいで自作しようと思っていた。AliExpressでも部品が安く買えることが分かって、しばらくは部品探し。探せば探すほど安くて本格的な部品も見つかってくるので、そんなにケチらなくてもいいのではないかと徐々にスペックアップ。最終的には剛性や精度のことも考えてボールスクリューやリニアスライドを使うことになり、予想以上に重厚な3軸CNCマシンをつくることに(約7万円)。
構想から約5週間(制作約3週間)でルーターとレーザーともに使えるようになり、現在はgrbl1.1+Arduino CNCシールドV3.5+bCNCを使用中(Macで)。余っていたBluetoothモジュールをつけてワイヤレス化。bCNCのPendant機能でスマホやタブレット上のブラウザからもワイヤレス操作可能。
その他、電子工作・プログラミング、最近は機械学習などもやっています。基本、Macを使っていますが、機械学習ではUbuntuを使っています。


CNCマシン全般について:
国内レーザー加工機と中国製レーザー加工機の比較
中国製レーザーダイオードについて
CNCミリングマシンとCNCルーターマシンいろいろ
その他:
利用例や付加機能など:
CNCルーター関係:

*CNCマシンの制作記録は2016/04/10〜の投稿に書いてあります。

2017年11月8日水曜日

Wifiカメラ付きLED電球/AliExpress

以前AliExpressから購入した人感センサ付きLED電球の延長で、またいろいろと物色していたら今度はカメラ付きのLED電球というものがありました。以下。

AliExpress.com Product - light bulb Wireless camera 960P bulb Panoramic 360 degree camera with fisheye lens use E27 Port 1.3MP LED Bulb wifi camera3283円(送料無料)
どうやらスマホを通して、照明をON/OFFしたりカメラで監視できるようです。カメラがついているため少々高価ですが、マイクやスピーカも内蔵されているようで、スマホからの呼びかけで音もでるようです。カメラやWifi技術が安価になったため、このような装置は簡単に製品化できるのでしょう。既存の電球のソケットに差し込むだけでいいのでインフラを変える必要もないし設置場所もとらずに済みます。Iotや人工知能で複雑なことをしなくても、こういった既存の安価な技術の組み合わせだけでも、まだまだ便利なものをつくることはできそうです。スマホやパソコンだけではなく、そのうちすべての電化製品にカメラとWifiが標準装備されていくのでしょう。ただ、このような装置を配置することで、人工知能に必要なデータを収集していくには便利かもしれません。オフィスや普通の家庭内の各部屋にこのようなカメラ付き照明が取り付けられるのだとは思いますが、プライベートが筒抜けになるので、その辺は気をつけたほうがいいのかもしれません。店舗などに設置すれば、セキュリティだけでなく客層や客の行動パターンなどのマーケティングに有効なデータが簡単に集められそうです。ついつい、人工知能の技術を用いて何ができるかというアウトプット側のインテリジェントデバイスばかり想像してしまいますが、このような人工知能に必要なデータ収集するインプット側のデバイスを安価につくるのもこれからは必要だと思います。アウトプット側のデバイスについては、やはり既にデータセットを持っている大企業にはかなわないので、中小企業はインプット側(データ収集側)のデバイス開発をしたほうがいいのかもしれません。そうすれば、人工知能のノウハウを持たない中小企業であっても、人工知能に便乗した製品をつくることができ存続していけるのかもしれません。まだ購入はしていないのですが、そのうち購入してみようかと。

0 件のコメント:

コメントを投稿

人気の投稿