これまでのあらすじ:
2016年3月、フェルト生地を手で裁断している際にレーザーカッターがあれば複雑なカットが容易にできるなあと思って、安価になってきたレーザーカッターを購入しようと思ったのがきっかけ。調べていくうちに、合板も切れたほうがいいと思うようになって、CNCルーター(CNCミリング)についても考えるようになった。
Arduinoは以前から使っており、CNCシールドがあると気付いて自作も可能と思うようになった。当初はShapeOkoやX-CARVEを参考にMakerSlide、OpenRail、V-Wheel、2GTタイミングベルトなどで5万円くらいで自作しようと思っていた。AliExpressでも部品が安く買えることが分かって、しばらくは部品探し。探せば探すほど安くて本格的な部品も見つかってくるので、そんなにケチらなくてもいいのではないかと徐々にスペックアップ。最終的には剛性や精度のことも考えてボールスクリューやリニアスライドを使うことになり、予想以上に重厚な3軸CNCマシンをつくることに(約7万円)。
構想から約5週間(制作約3週間)でルーターとレーザーともに使えるようになり、現在はgrbl1.1+Arduino CNCシールドV3.5+bCNCを使用中(Macで)。余っていたBluetoothモジュールをつけてワイヤレス化。bCNCのPendant機能でスマホやタブレット上のブラウザからもワイヤレス操作可能。


CNCマシン全般について:
国内レーザー加工機と中国製レーザー加工機の比較
中国製レーザーダイオードについて
CNCミリングマシンとCNCルーターマシンいろいろ
その他:
利用例や付加機能など:
CNCルーター関係:

*CNCマシンの制作記録は2016/04/10〜の投稿に書いてあります。

2016年5月17日火曜日

CNCマシン:SketchUcamについて

3DモデリングならSketchupを使っている人も多いと思います。とても使いやすいソフトだとは思うのですが、個人的にはソリッドモデルばかり使っていたので、あのペラペラな感じに違和感があって、あまり使っていませんでした。
ちょっと調べてみると、ブーリアン演算も簡単にできるようなので、使ってみてもいいかなと思いました。少なくてもBlenderに比べればずっと使いやすいです。
そのままダウンロードするだけだと、あまりプラグインが入っていないようで、3Dの出力は.daeと.kmzだけ。なので、SketchupでCNCマシンを使っている人は、「Export to DXF or STL」というプラグインを使っているようでした。
しかし、同時に「SketchUcam」というプラグインもあるようで、それならそのままGコードを書き出せるようです。以下の動画がチュートリアル。
けっこうこれも使いやすそうです。
ということで、Fusion360、Blendercam、SketchUcamあたりという感じでしょうか。
一応ここにメモっておいたという感じです。

0 件のコメント:

コメントを投稿

人気の投稿