これまでのあらすじ:
2016年3月、フェルト生地を手で裁断している際にレーザーカッターがあれば複雑なカットが容易にできるなあと思って、安価になってきたレーザーカッターを購入しようと思ったのがきっかけ。調べていくうちに、合板も切れたほうがいいと思うようになって、CNCルーター(CNCミリング)についても考えるようになった。
Arduinoは以前から使っており、CNCシールドがあると気付いて自作も可能と思うようになった。当初はShapeOkoやX-CARVEを参考にMakerSlide、OpenRail、V-Wheel、2GTタイミングベルトなどで5万円くらいで自作しようと思っていた。AliExpressでも部品が安く買えることが分かって、しばらくは部品探し。探せば探すほど安くて本格的な部品も見つかってくるので、そんなにケチらなくてもいいのではないかと徐々にスペックアップ。最終的には剛性や精度のことも考えてボールスクリューやリニアスライドを使うことになり、予想以上に重厚な3軸CNCマシンをつくることに(約7万円)。
構想から約5週間(制作約3週間)でルーターとレーザーともに使えるようになり、現在はgrbl1.1+Arduino CNCシールドV3.5+bCNCを使用中(Macで)。余っていたBluetoothモジュールをつけてワイヤレス化。bCNCのPendant機能でスマホやタブレット上のブラウザからもワイヤレス操作可能。



CNCマシン全般について:
国内レーザー加工機と中国製レーザー加工機の比較
中国製レーザーダイオードについて
CNCミリングマシンとCNCルーターマシンいろいろ
その他:
*CNCマシンの制作記録は2016/04/10〜の投稿に書いてあります。

利用例や付加機能など:
CNCルーター関係:

2016年5月23日月曜日

Raspberry Pi 3到着

少し前にAliExpressへ注文しておいたRaspberry Pi3が届きました。たしか5%OFFで$38.85(4328円/送料無料)でした。日本で買うより少し安いくらいでしょうか。AirMail便13日間で届きました。

Raspberry Pi3はWifiとBluetoothが標準装備されているので、Wifi上でホストとして使って、MacBookからブラウザを通してCNCマシンを制御しようと考えていました。
現在使っているbCNCもRaspberry Piにインストール可能なので試してみてもいいかもしれませんが、その他にcheton/cnc(cnc.js)やGRBLweb、LinuxCNCでも使えそうです。
しかし、今のところBluethoothもつけて無線化できたし、bCNCのPendantでスマホやタブレットからも操作できるので、わざわざRaspberry Piを今更ながら導入しなくてもよさそうです。Amazonならすぐに届いて、そのときやりたいことに使えるのですが、AliExpressの場合2~3週間はかかるので、その頃にはもうすでにやりたいことも変わっていたりして、タイミングを合わせるのが難しいかも。

CNCマシンを自分の愛車のように少しずつグレードアップしたり改造したりするのも楽しいですが、今はそれよりも本来レーザーカッターでやりたかったフェルトのカッティングをしています(ツールによってつくられるものよりもツール自体にこだわることはほどほどにして、本末転倒しないようにしています)。現在CNCマシンのほうは特に問題なく使えているので、そのうち何か使い道が見つかったら導入してみたいと思います。とりあえずは、bCNCを入れてみてもいいけど。
AliExpress.com Product - 2016 Original UK Made Raspberry Pi 3 Model B 1GB RAM Quad Core 1.2GHz 64bit CPU WiFi & BluetoothAliExpressで3883円(送料込み)。

0 件のコメント:

コメントを投稿