これまでのあらすじ:
2016年3月、フェルト生地を手で裁断している際にレーザーカッターがあれば複雑なカットが容易にできるなあと思って、安価になってきたレーザーカッターを購入しようと思ったのがきっかけ。調べていくうちに、合板も切れたほうがいいと思うようになって、CNCルーター(CNCミリング)についても考えるようになった。
Arduinoは以前から使っており、CNCシールドがあると気付いて自作も可能と思うようになった。当初はShapeOkoやX-CARVEを参考にMakerSlide、OpenRail、V-Wheel、2GTタイミングベルトなどで5万円くらいで自作しようと思っていた。AliExpressでも部品が安く買えることが分かって、しばらくは部品探し。探せば探すほど安くて本格的な部品も見つかってくるので、そんなにケチらなくてもいいのではないかと徐々にスペックアップ。最終的には剛性や精度のことも考えてボールスクリューやリニアスライドを使うことになり、予想以上に重厚な3軸CNCマシンをつくることに(約7万円)。
構想から約5週間(制作約3週間)でルーターとレーザーともに使えるようになり、現在はgrbl1.1+Arduino CNCシールドV3.5+bCNCを使用中(Macで)。余っていたBluetoothモジュールをつけてワイヤレス化。bCNCのPendant機能でスマホやタブレット上のブラウザからもワイヤレス操作可能。


CNCマシン全般について:
国内レーザー加工機と中国製レーザー加工機の比較
中国製レーザーダイオードについて
CNCミリングマシンとCNCルーターマシンいろいろ
その他:
利用例や付加機能など:
CNCルーター関係:

*CNCマシンの制作記録は2016/04/10〜の投稿に書いてあります。

2016年5月28日土曜日

Raspberry Pi3:3.5インチLCDタッチスクリーン設定

このあいだ届いたRaspberry Pi3(AliExpressで4328円)を使える状態にしようと思いましたが、HDMIのついたモニターと言えばTVしかないので、仕方なくTVを使ってNOOBSのインストールや初期設定をしておきました。基本的にパソコンはノート(MacBook)しか使わないので、Raspberry Pi3用に3.5インチLCDタッチスクリーン480x320px(AliExpressで1322円)も注文しておきました。タッチスクリーンは一日遅れで届いたので早速つなげてみることにしました。

TVをモニターにして初期設定までやったので、タッチスクリーンをつなげればすぐに使えるかと思ったらダメでした。購入したAliExpressのサイトにはインストールの仕方がのっていたのでやってみることに。
まず、SDカードを用意してリンク先でダウンロードしろと。
http://osoyoo.com/?p=968
Windowsを使ってのインストールの仕方しかのってませんが、見よう見まねで。
タッチスクリーンの裏側を見てバージョンに合わせたドライバーをダウンロードするようにと。
この右下に書いてあるversion 6.1がそうらしい。このversionに合わせてここからダウンロード
しかしかなり大きいrarファイル。解凍すると、3.97GBもあるrpi_35_v6_1_jessie8_kernel_4_1_19.imgというディスクイメージ。kernelとも書いてあるし、これってもしかしてOS丸ごと入れ換えかもしれない。先ほどの説明にも、まっさらなSDカードにドライバをインストールしろと書いてあったので、このタッチスクリーンの設定がされているLinux OSそのものを入れろということかも。ということは、TVをつないでインストールと設定した内容は無駄に終わったということになるかもしれない。
仕方ないのでインストラクション通りにすすめてみることに。
解凍した「rpi_35_v6_1_jessie8_kernel_4_1_19.img」をWindowsならWin32DiskImagerというソフトでSDカードにマウントするみたい。
とりあえず、そのままこの3.97GBのディスクイメージをSDカードに入れてみて、NOOBSみたいにできるかもしれないと思ってタッチスクリーンをつないで電源を入れてみました。画面が白いままで、どうも先に進んでいなさそう。すぐに電源を抜いて、今度はこのディスクイメージをダブルクリックしてみると、「boot」がMacBookデスクトップ上にマウントされました。

これをSDカードに入れてみたけど、そうするとbootのエイリアスしか入らない。MacならディスクユーティリティでSDカードにマウントできないかなと思ってやってみたけど上手くいかないので、先ほどのWindowsのマウントソフトのようなものがMac版でもないかと検索したところ、「ApplePi-Baker」というのがそれらしい。早速ダウンロード。
これです。念のため、SDカードはディスクユーティリティで初期化:MS-DOS(FAT)。
SDカードをMacBookの横に差して、ApplePi-Bakerで以下のようにやってみました。

左画面では、差し込んであるSDカードが自動認識されていて、あとは右側の画面のIMG file:のとこでダウンロードした「rpi_35_v6_1_jessie8_kernel_4_1_19.img」を選んで、その上にある「Restore Backup」ボタンを押してみました。4GBくらいあるので、3〜4分かかりました。
それで出来上がったSDカードをRaspberry Pi3に差し込んで(タッチスクリーンも接続して)電源をつなぐと、画面がでてきました。
こんな感じ。設定を見てみると初期状態になってます。案の定最初から設定やり直しです。
しかし、画面が小さすぎる。これではなかなか操作できません。いろいろ設定していると、ウィンドウが画面からはみ出ていて、設定のボタンが押せない。特にKeyboard LayoutでJapanとJapaneseを選んだあと決定ボタンが押せない。以下の画面。


最近Raspberry Pi3用の7インチタッチスクリーンがあるけど、たしかに3.5インチでは無理があるということで、そうなったのかも。全てコマンドラインで操作するならいいけど、GUIを使っての操作は画面からはみ出ているボタンをクリックできないし使えない。
それでも一応パスワード変更、Wifi設定、日本語、スクリーンショットできるscrotは入れておきました。Ksnapshotはなぜかインストール失敗。時間かかるので次回トライ。上画像はscrotで撮影。

Wifiはつながるので、bCNCのPendantでCNCマシンにアクセスしてみました。
bCNCは問題なく動くようです。それほど遅延もなく動きますが、わざわざこれをPendantとして使うことはないと思います。ちなみに、メニューバーは初期設定より細くしたので、わずかながら画面が大きくなりました。
当初はRaspberry Piをホストにして、ネットワークを通して遠隔操作しようと思ってましたが、Bluetoothで無線化してしまったので今のところあまり必要なさそう。


まとめ(Macの場合):
Kedei 3.5インチタッチスクリーンVersion6.1をRaspberry Pi3に接続するための設定は以下。
・ディスクユーティリティでDOS-V(FAT)フォーマット化したMicroSDカード(8GB以上)を用意。
http://osoyoo.com/?p=968へ行き手順を確認。
http://osoyoo.com/driver/rpiscreen.phpからタッチスクリーンのVersionに合わせてソフトをダウンロード。
・「rpi_35_v6_1_jessie8_kernel_4_1_19.rar」を解凍。
・「rpi_35_v6_1_jessie8_kernel_4_1_19.img」イメージファイルが出来上がる。
・DiskImagerソフト「ApplePi-Baker」をダウンロード&インストール。
・MicroSDカードをMacBookに挿入する。
・「ApplePi-Baker」のRestore Backupをつかって、「rpi_35_v6_1_jessie8_kernel_4_1_19.img」をMicroSDカードにマウントする。
・MicroSDカードをRaspberry Pi3に挿入。
・タッチスクリーンも接続してスイッチオンで起動。

しかし、3.5インチだと画面が小さすぎて、キーボード設定の画面で最後にボタンをクリックできない。その場合は(以下の画面で)、
Japanを選ぶとJapanese(PC-98xx Series)が自動選択されるけど、このときキーボードのTabキーを3回押せば、OKボタンにフォーカスされると思うので、そしたらReturnキーを押すと設定終了。一回少ないとキャンセルになって画面が閉じてしまうので、そうなった場合は再度チャレンジ。ここでキーボードを選べないと、おそらくUK仕様になってしまって、「@」マークや「:」などのキーの位置が変わってしまって打ちにくくなってしまう。以下は全部が見えている画面の場合。

ほかも、OKボタンが押せないときは、Tabキーでフォーカスを数回ずらしてリターンキー押せば大丈夫だと思います。

bCNCをRaspberry Pi3にインストールしようとおもったけど、この3.5インチのほうだと面倒なのでやめてしまいました。大きいモニターならいいけど、その場合はCNCマシンのそばに置くには邪魔になるので、できればこの3.5インチでコンパクトに操作したいところ。しかし、かなり使いづらいし、わざわざ使わなくても現状のBluetoothで充分。そのうち気が向いたらやってみます。

それから、Raspberry Pi3のスクリーンショット画像は、GoogleドライブにのせてMacに持ってこようと思ったけどGoogle系がこのブラウザだと対応してなくてだめでした。仕方なくメール(Hotmail経由)で送りました。後から気づいたけどUSBメモリでもよかったかも。WifiかBluetoothを通して直接やりとりしようと思ったけど、また設定しないといけなさそうなのでやめました。昔、使わなくなったMacにLinuxを入れたときがあって、そのときもいろいろ複雑な設定ばかりで、ずっといじっていました。検索してコマンドライン入力して、あーでもないこーでもないと、1日かかってもほんの少ししか先に進まない感じ。ようやく3Dデスクトップが見れて、おおすごいと喜んでいたけど、結局だたパソコンをずっといじって動作確認することが目的となってしまい、それで何をするという感じでもなかったので、だんだん飽きてやめてしまいました。

---------------------------
Osoyoo LCD Touch Screen for Raspberry Pi:

This 3.5 inch touch screen module is designed especially for Raspberry  Pi, using the latest Linux Core system (vision 3.18.9), the latest  Raspberry Pi official UI desktop file system and the fastest SPI  transmission data, an ideal alternative solution for HDMI monitor and  convenient Men-Machine interface for Raspberry Pi, combined with the  portable power, DIY anywhere anytime.

 Features:

    LCD Interface: SPI
    Touch Screen Controller: XPT2046
    Backlight: LED
    LCD Type: TFT
    Resolution: 320*480 DOTS
    Core System: vision 3.18.9
    SPI Speed: 32MHz
    Color Levels Index: 65536
    Power Consumption/Backlight Current:  TBD
    Supports Raspbian system, enables  your system to:
    1) Take photos by touching (up to 17 camera modes)
    2) Support software keyboard (system interaction without  keyboard/mouse)
    3) Support driver is installed automatically.
    Note:  This screen can not play video games and watch video,only as the basis for the operation .
   You can feel free to download the driver for 3 .5" TFT LCD  Touch Screen. Pls check the following guild file.
  NOTE:
1.Please expand the SD card and restart it before the driver installation.
2.This sreen can used in the Raspbian and Noobs.the other system can't use ,please know this .
3.because the screen driver always upgrading,so when you receive it ,but can not operate, please contact customer
service consulting, customer service will teach you how to operate. Don’t open the case at the first, Thank you very much .


0 件のコメント:

コメントを投稿

人気の投稿