これまでのあらすじ:
2016年3月、フェルト生地を手で裁断している際にレーザーカッターがあれば複雑なカットが容易にできるなあと思って、安価になってきたレーザーカッターを購入しようと思ったのがきっかけ。調べていくうちに、合板も切れたほうがいいと思うようになって、CNCルーター(CNCミリング)についても考えるようになった。
Arduinoは以前から使っており、CNCシールドがあると気付いて自作も可能と思うようになった。当初はShapeOkoやX-CARVEを参考にMakerSlide、OpenRail、V-Wheel、2GTタイミングベルトなどで5万円くらいで自作しようと思っていた。AliExpressでも部品が安く買えることが分かって、しばらくは部品探し。探せば探すほど安くて本格的な部品も見つかってくるので、そんなにケチらなくてもいいのではないかと徐々にスペックアップ。最終的には剛性や精度のことも考えてボールスクリューやリニアスライドを使うことになり、予想以上に重厚な3軸CNCマシンをつくることに(約7万円)。
構想から約5週間(制作約3週間)でルーターとレーザーともに使えるようになり、現在はgrbl1.1+Arduino CNCシールドV3.5+bCNCを使用中(Macで)。余っていたBluetoothモジュールをつけてワイヤレス化。bCNCのPendant機能でスマホやタブレット上のブラウザからもワイヤレス操作可能。



CNCマシン全般について:
国内レーザー加工機と中国製レーザー加工機の比較
中国製レーザーダイオードについて
CNCミリングマシンとCNCルーターマシンいろいろ
その他:
*CNCマシンの制作記録は2016/04/10〜の投稿に書いてあります。

利用例や付加機能など:
CNCルーター関係:

2016年4月6日水曜日

Ebayでレーザーモジュールを探すと

前回の投稿で、AliExpressで5000mwのレーザーモジュールが値上がり、挙げ句の果てにその店もなくなるということで、$150の5000mwmは手に入らなくなってしまいました。他のところで5500mwだと$238.41が最安かもしれません。

ということで、ためしにEbayも覗いてみました。5Wクラスのレーザーモジュールは$360+送料33ドルというのがありますね。




















AliExpressでは売ってないタイプです。ポーランドからの出品。
日本円で約4万円。いちおうドライバもついて、0〜5V入力で出力調整できるようです。
性能は、
合板10mm厚、300mm/min、10パス(1mmずつ合計10回)で 切断可能。
ビニール2mm厚、100mm/min、1パス。
アクリル3mm厚、100mm/min、4パス。煙なし。
木材3mm厚、200mm/min、3パス。
インクジェットフォト用紙、400mm/min、1パス。
紙、600mm/min、2Wで切断可能。
ということです。5Wだとこのくらいの切断能力なんですね。一応、参考になります。
よほど複雑なかたちじゃない限り、木材ならルーターでやってしまえばいいかもしれませんね。レーザーはどちらかというと、ルーターでは無理な柔らかい素材(スポンジ、フェルト、ビニールなど)なんか切るにはいいと思います。アクリルもルーターのほうがいいのかも。まあ使い分けでしょうね。

でも4万円はやっぱり高いですね。

もう少し予算があれば、40WのCO2レーザーという感じになりますね。
























この↑よく見かける水色ボディのやつ(いつみても怪しい)。AliExpressで68,386円(送料込み)。
こんな感じで、5.5Wじゃものたりなくて、10W(45,480円)が欲しくなり、ついにはCO2レーザーとなって、分厚いアクリルとか切りたくなってしまいますね。
やっぱりレーザーカッターなら、40Wくらいじゃないとだめかも。そうじゃなければ、1万円くらいの2Wくらいでもいいのかもしれない。レーザーに関しては、もうちょっと見送ろう。

というか、もともとフェルトやビニール素材をちょっと複雑なかたちでカットしたかったので、Smart Laser Miniを買おうとしてたんだった。同時に、合板加工も必要だったから、ルーターも必要かもと思い出して、結局今回のCNCマシンをつくるに至ったという感じ。おそらく合板のほうは、今回つくるCNCマシンでなんとかいけそう。レーザーに関しては、たしかに2W程度でもいい。フェルト3mm程度なら充分切断できるので。レーザーモジュールを買うにしても、あまり高くないものにしよう。せいぜい2.5〜3Wくらいでいいかな。5W以上買うなら、金属用スピンドルとか買った方がいいかもしれない。
あまりツールにこだわりすぎると、CNCマシンで何をつくるかということを忘れてしまう(手段と目的の逆転現象)。CNCマシンをつくって、そのCNCマシンでつぎの改良版CNCマシンをつくるというように、ツールによってツールをつくる自己循環にはまってしまうこと。そうならないようにしないと、本来つくりたいと思っていたもの(ツールじゃなくて)へのアイデアや情熱が枯渇してしまうので注意しないといけない。
Arduinoにはまっていたときも、いわゆる「試食」をよくやっていた。センサーや面白い電子部品を見つけては動作確認しておしまい。これは使えると、そのときは思うのだけれども、達成感や克服感を味わうことが目的になってしまって、それの繰り返し。なんかちょっと違う。

昨日、自作3Dプリンターの動画を見ていたら、「3Dプリンターでこんなものも自分でつくれます」と言って、何をつくるのかと思ったら、壁に上着を引っ掛けるためのフックだった。そんなフックなんかつくらなくてもいいんじゃないかと。それよりも3Dプリンターを自作したことのほうがもっとすごいんじゃないか?と。なんか本末転倒。

0 件のコメント:

コメントを投稿